XOOPS Cube の歴史

 XOOPS Cube プロジェクトは 2005 年に XOOPS2 からフォーク(分岐独立)したプロジェクトです。私たちは XOOPS の持つコンセプトを再検討し、XOOPS Cube コアを新たにゼロからフルスクラッチしました。そして従前の XOOPS2 における活動の成果を引き継げるよう XOOPS2 の派生物(二次的著作物)である Legacy モジュールを開発し、 Package_Legacy として頒布しています。

ここに図が入ります

 
XOOPS Cube プロジェクトは関連プロジェクトの持ち込みや設立を歓迎しており、1つのプロジェクトに完結しないフリーソフトウェアらしい自由な活動を推進しています。

主なXOOPSファミリ


XOOPS2

 XOOPS は、PHP を用いて動作する Nuke 系 CMS です。 PHP-Nuke という CMS を元祖としています。
 XOOPSに続く数字はバージョン番号を表しており、XOOPS 2.0.x の事を、一般的にXOOPS2と呼んでいます。
 日本では本家・海外版などと呼ばれることがあります。
 後述する XOOPS Cube Legacy は、 XOOPS 2.0.10 以前のXOOPSとの互換性を持っています。

XOOPS2 JP

 XOOPS Cube Legacy が完成するまでの間、 XOOPS 2.0.9に対して日本で独自に保守を行ったバージョンです。
 本家のXOOPSに比べると、脆弱性への対策に注力がなされています。
 こちらは、XOOPS 2.0.x JP というように、バージョン番号の最後に”JP"がに付けられています。
 XOOPS Cube Legacy は最新版である XOOPS 2.0.16 JPまでのXOOPS2 JPとの互換性を持っています。

XOOPS Cube コア

 拡張性・交換性を持ったコアで、 CMS を構築するための Web アプリケーションプラットフォームです。
 XOOPS2 と異なり、 CMS としての機能をモジュールによって実装しているため、コア単体では CMS として動作しません。モジュールを交換することで CMS の主要機能を変更することができるという特徴があります。

XOOPS Cube Legacy (Package_Legacy)

 本 XOOPS Cube プロジェクトで開発されたモジュール群であり、 XOOPS2 と互換性をもった CMS として利用可能なパッケージです。
 詳細は 『XOOPS Cube Legacy』 のページをご覧ください。